健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション 企業の実例公開セミナー プレイングマネージャーをつくる研修 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2012年9月18日 売上・利益増減傾向の4パターンを理解せよ!

会社の経営数値には傾向値がある。

収=売上高と益=営業利益の前年対比で観る傾向値である。

前年より売上高が上がれば増収、下がれば減収であり、営業利益が前年より上がれば増益、下がれば減益である。

この組み合わせパターンは4パターンである。

●売上も減少・利益も減少というケースは減収減益

●売上は減少・利益は増加というケースは減収増益

●売上は増加・利益は減少というケースは増収減益

●売上も増加・利益も増加というケースは増収増益

自社がどのパターン傾向になっているか、過去3期の流れを見ていただきたい。

利益改善の順序は減収減益から減収増益へ、そして増収減益。最後に増収増益となる。つまり、業績傾向を踏まえた戦い方には、原理・原則がある事を知っていただきたい。これも経営の技術である。

 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションセミナーダイジェストプレイングマネージャーをつくる研修講演・セミナー出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.