健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション セミナーダイジェスト プレイングマネージャーをつくる研修 講演・セミナー 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2012年4月2日 はいと言う素直な心

はいと言えない社員が多くなっている。
「はい」の語源は、「拝」という字だそうです。
「ていねいに敬礼する」「ありがたく受ける」。つまり、「はい」という返事は、相手を敬う気持ち、相手の呼びかけを感謝して受け取る気持ち。
この【はいという素直な心】が仕事の場面で最も問題になるのが、OJT。
会社なりの仕事のやり方を知っていても出来ないから、上司・先輩が教えようとする。しかし、出来る人の真似を素直にしない。
過剰な自信があるのか?根拠のないプライドが邪魔するのか知らないが、素直に教えを実行しない。結果、自分なりのやり方に固執してしまう。
会社には、創業以来の年月を掛けて、培ってきた業績の上げ方・仕事のやり方がある。それを無視してやろうとしてもできるはずがない。
匠・職人の世界は、基礎的技術の上に個人の固有の技がある。
基礎的技術もないのに、異物なガンコさで職人気質を真似するのは、只単に子供が甘えているだけの話。
素直さとは囚われなく、行動に移す能力。聞いたふり、納得したふりをしても、行動に移さないと人は認めてくれないし、教える事も拒絶する。
自分ひとりで仕事が成り立つはずがない。
新人が入ってきている。最初に教えるのは【はいと言う素直な心】。

 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションセミナーダイジェストプレイングマネージャーをつくる研修講演・セミナー出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.