健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション セミナーダイジェスト プレイングマネージャーをつくる研修 講演・セミナー 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2016年6月20日 ◆ 金利負担の適正範囲 ◆


7%になると倒産が見え隠れ・・・



借入金が月商の6ヵ月分もある会社は、倒産軌道に乗っている。
 
基本的に借入金は月商の3〜4ヵ月分が限度とされている。

借入金に伴う金利負担が経営=資金繰りを圧迫する為である。

売上高に対する金利負担は、3%までが適正、5%では資金繰りが苦しくなり、7%になると倒産が見え隠れする。

≪ケース≫

●年商10億円で、売上高営業利益を5%とすると営業利益は5000万円

●借入金が適正範囲を超える月商の5か月分とすると借入金は5億円

●資金繰りが苦しくなる売上高金利負担率を7%とすると、金利で3500万円

いくら営業利益を5000万円出しても、3500万円(営業利益の70%)も金利負担に持っていかれる状態が続けば資金繰りが次第に苦しくなっていく。

 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションセミナーダイジェストプレイングマネージャーをつくる研修講演・セミナー出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.