健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション セミナーダイジェスト プレイングマネージャーをつくる研修 講演・セミナー 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2015年10月5日 チームにとっての『勝つ・負ける』とは


勝つとはどういう状態なのか・・・


勝つチームは、どんどん勝ち、負けるチームは、どんどん負けていく。

結果、勝つチームにいるメンバーは、強い社員になっていく。

負けるチームにいるメンバーは、諦め感の強い社員になっていく。

不思議なもので、最初から強いチームはなく、勝つからだんだん強くなっていく。

それは、勝つか負けるかで、達成感、自信、喜びの大きさが違うからだ。

例えば目標数字が100とします。

100をクリアできないから負けとする。

間違いではないが、でも本当にそれだけでいいのだろうか?

100を狙えるチームだったら、それでいいでしょう。

しかし、どう考えても100を狙えないチームなら、100を目標にしても負けるだけとなります。

100は無理だが、95は達成できる。具体的に考え、動いての負けなら、次に活かせる負けとなり、チームは成長する。

あなたのチームにとって、勝つとはどういう状態なのか、負けるとはどういう状態なのかを前提として、強いチームとは一体何かを考えていただき
たい。


 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションセミナーダイジェストプレイングマネージャーをつくる研修講演・セミナー出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.