健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション セミナーダイジェスト プレイングマネージャーをつくる研修 講演・セミナー 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
継栄の軸足
 
     
 
生き様を賭ける中小企業の社長
生き様を賭ける中小企業の経営者、面子を賭ける大手企業の経営者の違い。

■型は心を宿さない挨拶訓練

大手企業は何かと世間を騒がすと経営陣が揃って挨拶訓練をする。
気を付けの姿勢で腰から頭の天辺まで一直線に伸び、角度も60度ぐらいで非常に挨拶訓練としては高い点数を出している。恐らく会見前にチーム挨拶訓練をしているはず。
『型は心を宿す』と昔から日本ではいわれる。しかしTVで観るからには心を宿した挨拶とは感じない。
記憶にあるところでは某乳製品メーカー、某化粧品メーカー、某自動車、某鉄道会社等と一流企業と呼ばれる企業である。公的資金の投入、銀行からの債務免除等その理由は様々だが、本当に経営者が責任を取った例がどのぐらいあるだろうか?
会見でよく耳にする言葉は『再生を果たし、経営基盤をしっかり固め、後輩に譲る事が経営責任と考えている』とまるで、録音の再生みたいに多くの方が述べられる。
中小企業で同じ状況が発生し、後継者に譲る事が経営責任と考えている等と話したら、その時点で復活の道を塞がれるだろう。ましてや現実は経営責任を取る内容が違う。
一流企業は一流と言われ、信用され、尊敬の念で見られるから、自分たちに厳しくなければならない。それなのに、経営責任を取らないとは何とも、言い尽くし難い事が起こっている。勿論それを決めるのは会社であるから、大きなお世話であるが、『経営姿勢は商品である事』を忘れてはいけない。
経営者が責任を取るとは、一夜にして個人の資産を投げ出す事であり、これまで築いた信用も無くすと同時にその生活を強いられる事である。

■会社の誇り

某化粧品メーカーは公的資金導入決定前の新年度に新企業宣言として『総合生活消費財企業として、世界をリードする存在感のある企業を目指す』としている。この宣言をしたにも拘らず、あの有様である。
この会社の社員の方達は誇りを持って働けるのだろうか?

お読みの経営者は『営業利益がうちの1000倍以上の企業が産業再生機構にお願い出来るなら、我が社も、公的資金を入れてもらえば、経営は楽になると・・・・』と思いたくもなるでしょう。
私は中小企業に携わっている者として、中小企業の経営者が『如何に自立して立派であるか』と同時に『会社の継続繁栄を強く自分の生き様に反映させている事』を誇りに感じます。

ご覧の役員・幹部の方にご理解していただきたい。それは生き様を賭ける中小企業の経営者、面子を賭ける大手企業の経営者の違いを通して、自社の経営者を見直して欲しい。
そして、小さくとも自立して企業運営を行い、そこに参画(自ら考え、判断し、動き、責任を取る)している事を誇りと感じてもらいたい。

更に自社の素晴らしさを社員に・家族に伝えていただければと強く思う。

 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションセミナーダイジェストプレイングマネージャーをつくる研修講演・セミナー出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.