健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション セミナーダイジェスト プレイングマネージャーをつくる研修 講演・セミナー 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
継栄の軸足
 
     
 
何故、社員は社長に依存しすぎるのか?
しかし社員はいつまでも社長に依存しすぎる傾向にある。

何故、社員は社長に依存しすぎるのか?
それは『経営者の価値判断基準を社員に植えつけない』からである。
親の子離れ、子の親離れに表面上は似ているが、親子の場合は互いに自立した人間の関係に変化成長していく。しかし社員はいつまでも社長に依存しすぎる傾向にある。
親子の関係では、親が大人としての価値判断基準・行動の仕方・振る舞い等を教える事によって子は自立していく。
しかし、中小企業では『経営者の価値判断基準を社員に移植させる工夫』が足りない。例えば経営数値の話になると計数の意味がわからず、活用できない。そうなると数値から遠ざかり、特に資金繰りは社長に100%依存型企業が多すぎる。
何をどの様に判断してよいかわからないから、結局経営者にお伺いをたてるようになる。会社の最高意思決定者は経営者である。その経営者の価値判断基準を多くの社員が理解する事により、社員は自ら判断出来るようになる。
そして社長への依存度は低くなるのである。
中小企業の社員は能力が低いわけではない。今までやった事がないから、やらせた事がないから、出来ていない事が多いのである。我々凡人の持つ能力は大して変わらない。

 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションセミナーダイジェストプレイングマネージャーをつくる研修講演・セミナー出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.