健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション オープン経営セミナー プレイングマネージャーをつくる研修 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2018年10月19日◆ ◆ 前半ダム型経営 ◆ ◆

経営のリズムはつけやすい

チームには12ヶ月毎の戦い方があります。この戦い方を知っているチームは強いです。
 
≪設問≫
 
前半ダム型経営とは3月決算の場合、4〜9月の上半期で年間の必要営業利益の  %』を確保する事がポイントになります。
 
空欄の  %』を考えてください。回答は、次の3つの中から選んでください。
 
≪回答選択≫
 
〇30〜40%
 
〇60〜70%
 
〇80〜90%
 
 
 
≪解説≫
 
何故、前半が良いかというと下半期赤字が予想される月に対して余裕を持って対策を打てるからです。また、来期の対策に余裕をもって望めるからです。後半追い込み型の会社は決算月を迎える迄に力を使い果たし、翌期の対策が後手になりますから、スタートダッシュができません。つまり、業績を創るリズムが悪くなります。
 
 
 
 
 
≪回答≫
 
60〜70%
 
 
 
                                                                                                               
◇--------------------◇------------------------------------------◇
◆ 今回のまとめ ◆
◇--------------------◇
 
1年間12か月の12回戦の業績目安を示すのが期間業績力です。月度単位での営業利益がプラスなら勝ち、マイナスなら負けで、10勝なら2敗、8勝なら4敗となります。この勝てる月が前半に集中している方が経営のリズムはつけやすい。
 
 
ご参考にしてください。

    以上
 
 
                                 マイスター・コンサルタンツ株式会社
                                代表主席コンサルタント 小池浩二
 
 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションオープン経営セミナープレイングマネージャーをつくる研修出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.