健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション オープン経営セミナー プレイングマネージャーをつくる研修 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2018年8月17日◆ ◆ シェアード・JOBリーダーの時代 ◆ ◆

一部人間発想には限界がある・・・

■全社員に2種類の仕事が求められる
 
AIを代表とする急激な進化は人間生活に新たな可能性・恩恵をもたらすでしょうが、重要なのはこの変化をどう利用するかだけではなく、これまで常識に固執する事なく、それに伴う新たな物の見方・考え方の定義づけを行う事である。時代がshiftするから、当然の事でもある。成熟社会で仕事が複雑化する中では、組織で動く全社員に2種類の仕事が求められる。仝従譴龍般貝▲繊璽爐鯑阿す仕事であり、これを実現するスタイルがシェアード・JOBリーダーである。では、シェアード・JOBリーダーとは何か。チームを動かす為に多様なリーダーシップが求められる中で、1人のリーダーでは対応しきれないケースが増えている。
 
■一部人間発想には限界がある
 
現在の環境は、仕事はあるけれど人的資源(能力・数)が足りないから、対応できない企業が多い。この環境では、一部人間が兼任で組織を動かすのではなく、必要な役割機能ごとにJOBリーダーを設け、全社員でチームを動かし、組織内の当たり前のレベルを変えて、全社員のレベルを上げる事が重要。その為に必要な役割機能ごとに権限を与え、それぞれの担当機能分野でリーダーとしての役割を担う機会を提供する。共有化という21世紀の組織運営を代表するキーワードがあるが、「シェアード・JOBリーダー」は共有型リーダーシップである。組織は小さければ小さい程、又、ビジネスは因数分解してシンプルにすればするほど、責任感・想像力の発揮により、チーム・自分の過去慣習を断つ事ができ、時代変化に臨機応変に対応できる。中小企業で組織を小さくするとは、会社を動かす機能役割を全員で担う事であり、そのスタイルがシェアード・JOBリーダー。2017年から本格的に、このスタイルにチャレンジしている企業が数社あるが、私の経験則で観ると人的企業体力が120%以上向上しており、それに伴い業績も向上している。
 
                                                                                                               
◇--------------------◇------------------------------------------◇
◆ 今回のまとめ ◆
◇--------------------◇
 
中小企業では現在は新たに≪商品開発機能とマーケテイング機能≫が求められている。
でも、誰がやるの???
その対応のベースとなる土台がシェアード・JOBリーダースタイル。
 
ご参考にしてください。
                                 以上
 
                                 マイスター・コンサルタンツ株式会社
           代表主席コンサルタント 小池浩二
 
 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションオープン経営セミナープレイングマネージャーをつくる研修出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.