健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション オープン経営セミナー プレイングマネージャーをつくる研修 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2017年7月2日◆ ◆ 21世紀型のチーム運営スタイル ◆ ◆

JOBリーダーとは

■マネージャーの仕事内容変化
 
既存商品×既存市場だけでは売上高・粗利益率は低下するので、中小企業では現在は新たに≪商品開発機能とマーケテイング機能≫が求められている。商品開発機能とマーケテイング機能とは、戦略の構築でもある。
でも、誰がやるの???
経営者、役員は同然だが、これだけではリソース不足。成熟社会に求められるマネージャーの仕事内容変化は、チームをまとめる以外に新たに、商品開発、技術開発そして販売エリア・チャネル開発等の戦略的な動きでチームに仕事、そして業績をもたらす仕事にチャレンジしていく事が求められる。
 
■生産性の高いチームと低いチームのマネージャー
 
生産性の高いチームのマネージャーは、「自分が今より一段上の仕事をするには、いま自分が抱えている仕事のうち、どの仕事をだれに任せればよいだろうか」と考える。マネージャーの仕事をメンバーがやってくれれば、マネージャーはその分だけ別な「新たな仕事」「一段上の仕事」に、時間とエネルギーを費やすことができる。生産性の低いチームのマネージャーは、「他の人間に任せるくらいなら、自分でやったほうがよっぽど早い」とマネージャー以外でもできる仕事をマネージャーがやるから生産生は低くなる。
 
■21世紀型のチーム運営スタイル
 
中小企業に求められる機能は、単純にピラミッド型組織(営業・製造・総務経理を代表とする機能)だけでは、環境変化(マーケット変化・顧客・ライバル対策)に対してリソース不足になっている。しかし、人を採用して求められる機能を遂行していく余裕はない。今までなら、環境変化に対応する機能遂行はマネージャーに集中していた。しかし、現実プレーヤーとしての活動がメインなマネージャーに、環境変化に対応する機能遂行を御願いし続けても、会社も各マネージャーも疲弊し続けてしまい、良いことは何もない。
では、どうするのか?
それは、必要な役割機能ごとにJOBリーダーを設け、フラット型組織への展開を図る事である。必要な機能とは、今までは部門単位(営業・製造・総務・経理等)の認識であった。しかしこの認識だと環境変化に対応する機能が大雑把過ぎて、より細分化した視点で会社を動かす機能を考えないといけない。
 
                                                                                                                             
■フラット型組織におけるJOBリーダーの役割                                                                                                                                                                                              
以下に記すのが、私が現段階で考える社員が推進できるJOBリーダーの役割。
 
○経営計画                                                                                                                          
現場にて経営計画書の浸透・理解・実践させる推進者                                                       
○改善推進                                                                                                                          
現場業務の改善推進者                                                                                                        
○決定事項推進                                                                                                                   
現場のPDCA(決定事項)の推進者                                                                                   
○基本動作の推進者                                                                                                            
現場における基本動作の推進者                                                                                          
○教育の推進者                                                                                                                   
現場における教育(OJT)の推進者                                                                                     
頭にKがつくので、社内に5Kを推進するJOBリーダー育成と考えている。このJOBリーダーとはある意味その役割を社内に推進・指導していく社内インストラクターを育成して方法でもある。
以上
 
 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションオープン経営セミナープレイングマネージャーをつくる研修出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.