健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション オープン経営セミナー プレイングマネージャーをつくる研修 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2020年5月31日◆ ◆ 基礎的レベルの積み重ねで会社に差が出る ◆ ◆

時間・知恵・執念の違い・・・

■何故、同業種を同地域で同時期に始めても、会社に差が出るのか?

それは社員の基本的行動の質の差である。

同じ時期に、同じ地域で、同じ業種を始める事は物選び、地域選び、スタート時期が同じ事を意味する。それでも業績に差が出るのが会社経営である。
私も同業種を同地域で同時期に始めた2社をお手伝いするケースが幾つかありました。

その時に感じた成長企業と成長できない企業の特徴ですが、

●メモの習慣
成長企業の社員は、指摘されなくてもメモを執る習慣を身につけている。成長できない企業の社員は余程記憶力が良いのかメモを取る習慣がない。

●社内で決められた事に対する意識
成長企業は守らなければいけない意識が社員にあるが、成長できない企業は決められた事に対する意識が低く、守ろうしない。

鶏が先か卵が先かではないが、成長したから出来るようになった、出来るから成長してきたと聞かれれば、後者の出来るから成長してきたが答えである。この差は経営者が会社の人間集団の基礎的レベルを上げることに注力を注いだ時間・知恵・執念の違いであろう。


ご参考にしてください。

以上


                                 マイスター・コンサルタンツ株式会社
                                 代表主席コンサルタント 小池浩二
 
 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションオープン経営セミナープレイングマネージャーをつくる研修出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.