健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション オープン経営セミナー プレイングマネージャーをつくる研修 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2020年5月22日◆ ◆ メンバーの意識を共有化させるチームの土俵づくり ◆ ◆

疑似体験のよさは・・・

■コミュニケーションはメンバーの意識を共有化させる事
 
共有化させる土俵とは、場・状況・情報の共有による問題意識の共有化になります。チームには常に考える事・実践していく内容のベクトルを合わせることが不可欠となります。これがメンバーの意識の共有へつながります。
 
メンバーの意識の共有化で大切なものがあります。それは成功体験・失敗体験の共有です。 成功体験・失敗体験は確かに経験しないとわからない点があります。
 
大事な視点はこの成功体験・失敗体験を
 
●個人のものとするか
●会社のものとするかでその視点が変わります。
 
創業50年の会社には50年なりの成功体験・失敗体験があるわけです。この歴史からくる知恵を共有するか、それとも自分で経験した事のみで仕事するのか?
 
この違いです。
 
■疑似体験の大切さ
 
確かに経験していない人には疑似体験となります。しかし、疑似体験のよさは予防戦を張れる事にあります。『そういえば、部長がこの時はこうしたほうがよいと言っていたな』と知識があるだけで違います。 知識を知恵に変える事で人類は進歩しているわけです。それと同じで会社の歴史から知恵を仕事の進歩につなげないと歴史の意味が薄れていきます。
 
ご参考にしてください。

以上
                                 マイスター・コンサルタンツ株式会社
                                 代表主席コンサルタント 小池浩二
 
 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションオープン経営セミナープレイングマネージャーをつくる研修出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.