健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション オープン経営セミナー プレイングマネージャーをつくる研修 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2019年6月22日◆ ◆ 経営基本方針は総論では絶対に効果なし ◆ ◆

駄目な経営スローガン・・・

■駄目な経営スローガン
 
例えば、駄目な経営スローガンとして『チームワークで頑張ろう』『世の中に認められる企業になろう』がある。気持ちはわかるが、具体的に誰が、何を、どのように、どのくらいで、いつまでにの決め事がないと実践は出来ないし、最大の問題は業績に貢献しにくいからである。             
 
■今期の業績を決定する要因
 
今期の業績を決定する要因をつかみ、その要因を具体的な商材にしていく。今期の経営部門の業績決定要因とは、1年間、12回戦の戦い方の中で、何を最重要ポイントとして、推進徹底させるかである。これは必ず各社、各部門に各期毎にある。この業績を決める決定要因が何なのかをよく検討した上で、それを経営方針にするのが一番わかりやすいし、実は経営の運営方法としては非常にやりやすい。これが、大事な事で業績の上がる経営改善計画書の一番理想的な作成方法である。
受注産業のメーカーB社は、今期の受注残から見て、売上が11億から10億と、1億下がる。このB社が考えた業績決定要因は、「減収減益の社内システムの改善」である。
受注から見て、売上は下がる。しかし減収でも、同じ利益ができるようなシステムに社内をつくり変えようと検討した。そして打ち出した経営基本方針が「売上は10億でも利益の出る体制」である。
 
その経営基本方針を受けて、B社のある部門の重点方針は
。庁劼亮損槊─
∈猯組颯灰好肇瀬Ε鵑鬘機鵝
3発費のコストダウン10%、
だ瀋蟾数を縮める 等と展開される。
 
 
ご参考にしてください。

以上
 
 
                                 マイスター・コンサルタンツ株式会社
                                 代表主席コンサルタント 小池浩二
 
 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションオープン経営セミナープレイングマネージャーをつくる研修出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.