健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション オープン経営セミナー プレイングマネージャーをつくる研修 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2019年5月28日◆ ◆ 勝てる土俵で勝つ事が原則 ◆ ◆

勝てなければ意味がない

■勝てなければ意味がない
いくら素晴らしい物を創っても、勝てなければ意味がない。
中小企業が素晴らしい技術を開発する、素晴らしい製品を開発する事はたくさんある。
いくらいい技術、製品を開発しても、自分たちが戦う土俵を間違えるとノウハウだけを盗まれ、弾き飛ばされる。
 
■戦う土俵を見極める
戦う土俵をキチンと見定めないとまずい戦い方になる。
クジラという大きな生き物は太平洋で泳げばよいが、ミズスマシが太平洋に出たら、直ぐに波に飲み込まれる。小さな水たまりで我が物顔で振舞う方がよい。濁った水たまりでも中に誰もいなければ勝てる。これが戦い方であり、勝てる土俵で勝つ事が原則である。                                                                                                                                                  
中小企業の場合、市場規模が30億円ぐらいのマーケットを狙う必要がある。J社は創業40年の企業であるが、『炉』の特別産廃処理業としては、圧倒的シュアを持つ日本一のメーカーである。年商は10億である。            Z社は海外の測定機器の販売・設置・メンテナンスをメイン事業としているが、社員数17名で年商14億、営業利益3億の超優良企業。自分達の勝てる土俵を見つけ、その戦い方(ライバル対策、顧客対策)を徹底的に実践している。                                                                                                                                                                             ご参考にしてください。

                                                                以上
 
                                                                       マイスター・コンサルタンツ株式会社
                                                                         代表主席コンサルタント 小池浩二
 
 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションオープン経営セミナープレイングマネージャーをつくる研修出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.