健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション オープン経営セミナー プレイングマネージャーをつくる研修 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2019年5月25日◆ ◆ 強みを活かす戦いが戦いの原則 ◆ ◆

キーポイントになるのが固有技術・・・

■看板事業の売上高比率が54%から1%未満へ
富士フイルムは、1996年頃から本格的普及が始まったデジタルカメラの影響で、写真フィルムの需要は世界的規模で00年をピークに年率10%超のペースで下落し、同社の写真フィルム売上高も毎年200億円のペースで減少し、11年度の関連事業の売上高は全体の1%未満となる。
 
■技術の棚卸
●トヨタは車がなくなったらどうなるのか?
●新日鉄は鉄がなくなったらどうなるのか?
当時の古森社長は、幹部に対して強烈な危機感を意識させ、新しい成長事業の育成に舵を切た。それが「技術の棚卸」と呼ばれた2年がかりの事業構造転換だった。そのプロジェクトチームの一員だった同社OBは「やれそうか、やるべきか、やりたいかの3つが棚卸のポイントだった」と振り返る。
 
●最初の「やれそうか」は技術的裏付け
自社固有技術の応用で、新事業分野で競争力のある製品を開発できるかがポイント。これで候補に挙がった新事業をふるいにかける
 
●次の「やるべきか」は業界トップになれるかの検証
新しい事業分野においてオンリーワンを開発できるか、あるいは競合他社より優れたベストワンを開発できるかを徹底的に検証し、×印の事業を排除
 
●最後の「やりたいか」は「会社の思い」
新事業として参入した医薬品やエイジングケア化粧品の場合は、「総合ヘルスケアメーカーになりたい」との思いが決め手
 
■勝てる固有技術
同社開発部門関係者は「技術の棚卸により化粧品事業への参入が決まった時、先発メーカーがいる市場に最後発で割り込むためには、当然オンリーワンを投入しなければ成功しない。ベストワンでは失敗するとの確信があった。そこで着目したのが当社のコラーゲン技術だった」と説明する。富士フイルムには、コラーゲン技術の膨大な蓄積があり、さまざまな種類のコラーゲンを製造する固有技術があった。人の皮膚の約70%を構成する「コラーゲン」は、写真フィルムの主成分であり、この応用で開発したのが、ヘビーユーザーが多いスキンケア化粧品のアスタリフトの開発です。
 
■固有技術
10年以上創業している企業には、必ず固有技術がある。あるから10年操業できている。
 
その固有技術の視点は、
●ものを生産するための技術          
●サービスを生み出すための技術   
●個々の分野での特有の技術          
●中核となる技術           
                                         
戦い方は、『弱みを克服する戦いはマイナスをゼロベースにする戦い』と『強みを磨いて行く戦いはプラスの積み上げができる戦い』があるが、基本は強みを伸ばす戦いの方が成果は出しやすい。
その戦い方のキーポイントになるのが固有技術です。
●どこにもない・出来ない固有技術
●他社にも在るがずば抜けている・優れている固有技術を見つける事は、戦略構築の一つの方法です。                                      
 
ご参考にしてください。

以上
 
 
                                 マイスター・コンサルタンツ株式会社
            代表主席コンサルタント 小池浩二
 
 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションオープン経営セミナープレイングマネージャーをつくる研修出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.