健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション セミナーダイジェスト プレイングマネージャーをつくる研修 講演・セミナー 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2013年4月22日 マーケッターは社員

中小企業のマーケテイングとは何だろうか?

よくセミナー等でお話しする事ですが、実体経済を知っているのは学者でもなく、社員の皆さんです。

全ての社員は自分が作っている・売っている・サービスしている仕事以外は全てお客様の立場となります。

つまり、最大のカスタマー情報を持つのが、社員の皆さんです。

ただ問題は、そのような意識を持って、買い物をしたり、飲食したり、遊んでいるかであります。

世の中の動向はスーパーの特売チラシだけではありません。

生活の日常にヒントは落ちています。

アベノミクスに対応した販売方法はゴールデンウイークに住宅展示場に行けば、よくわかるでしょう。

デフレ脱却への対応が上手くいくがどうかは5月7日以降のマクドナルドに行くとわかるでしょう。

普段から行っている行動に意味を持たせる事がマーケテイングには重要です。

30名の会社なら、行動に意味を持つ30名のマーケッターがいれば、マーケテイングの感覚は養えます。

マーケテイングの機能は必要。然し部隊は持てない。

ならば、社員とマーケッターの兼任主義が現実であります。

営業の新規開拓と同じですが、ある特定に人にやらせるから上手くいく確率が下がる。

不足する機能は全社員で補うのが、中小企業の基本の対応方法。

 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションセミナーダイジェストプレイングマネージャーをつくる研修講演・セミナー出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.