健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション 企業の実例公開セミナー プレイングマネージャーをつくる研修 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2013年3月18日 21世紀型の日本式中小企業経営の構築ポイント No3

自社とっての適正規模、1番利益を出しやすい体制、1番経営の運営がしやすい方法を見つける事である。

つまり、『最大よりも最良の発想』を持つ事である。

しかし最良とは環境変化の中、『常に何かを』追い求めなければならないものである。

環境が変われば『その時点での最良のやり方』に対応しなければならない。

経営を永らくやると『良い時もあれば悪い時』もある。

環境が変わっても軸がぶれない最適化を目指すべきである。

規模だけではなく、人の面から考えると、経営者が1人・役員幹部が5人の組織より、代表経営者が1人・経営者が3人・役員幹部が2人の組織の方が強いのは明白である。

『利益を出しやすい』、『経営の運営がしやすい体制』を創る事は会社の維持・継続・発展につながる条件づくりである。

 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションセミナーダイジェストプレイングマネージャーをつくる研修講演・セミナー出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.