健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション 企業の実例公開セミナー プレイングマネージャーをつくる研修 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2012年9月3日 説明する事と教える事は違う

OJTの目的は教える事が目的ではありません。

メンバーができるようになって、始めて仕事を教えたことになります。

ひと通り教えたから、出来るとは限りません。

説明とは仕事を分かるように教えること、それに対し、教えるとは仕事ができるようにする事。

相手が覚えていないのは自分が教えなかったのだという視点が大切。

教えられる側のプロセスは【知る・解かる・出来る】。

教える側のプロセスは【伝える・理解させる・実務指導】。

●自分はどのようにして、その仕事ができるようになったのか?

●その時の自分のレベルはどのくらいだったのか?

●そして、今教えている人のレベルはどうか?何が理解できていないのか?

●何がやりにくいのか?等々の配慮が必要なのです。

 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションセミナーダイジェストプレイングマネージャーをつくる研修講演・セミナー出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.