健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション セミナーダイジェスト プレイングマネージャーをつくる研修 講演・セミナー 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2012年1月16日  会社の最適な運営方法を考える

自社とっての適正規模、1番利益を出しやすい体制、1番経営の運営がしやすい方法を見つける事である。
  つまり、『最大よりも最良の発想』を持つ事である。最大とはどこかの時点で最大になる。しかし最良とは環境変化の中、『常に何かを』追い求めなければならないものである。
  環境が変われば『その時点での最良のやり方』に対応しなければならない。
  今は専門性を高め、付加価値率を求める環境。 一つの会社で事業部性や違う特性を持つ顧客層・商品群を展開している会社では、無理に一つにまとめようとして会社運営を行う。
  そこには、就業形態・働いている人材の質の違い・収益構造の違いで同じ賃金形態は難しい等の悩みがある。又、無理にまとめようとするから無駄な間接経費・時間が発生している。
  このギャップのある構造を見つめ直す時でもあります。

 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションセミナーダイジェストプレイングマネージャーをつくる研修講演・セミナー出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.