健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション セミナーダイジェスト プレイングマネージャーをつくる研修 講演・セミナー 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2016年8月8日 ◆ 新規開拓は客サイドからみると【My First ○○○】 ◆


自社の勝ちパターンを狙うべき顧客層に武器として・・・

 

■My First ○○○

新規開拓は客サイドからみると【My First ○○○】となります。

○○○とは売り手側の会社名・店舗名が入り、私にとって初めての会社・店舗となり、実はここに重要な顧客政策のヒントがあります。

【My First Sony】 をソニーが1980年代後半に子供向けのAV機器のブランド名として、展開しました。

「マイ・ファースト・ソニー」のネーミングは、子供が始めて音響製品に触れ、それが科学への興味を触発できればという願いが込められていた。

方法は違うがマクドナルドも展開しています。

子供達が来店するように、ハッピーセットなるおもちゃ付のハンバーガーセットを売っている。

おもちゃもデイズニーキャラクターが多いので、そんなに単品では利益は少ないだろう。

しかし、マクドナルドが売っているのはハンバーガーではなく、【マクドナルドの匂い】を子供達に売っている。

何故か? 利用した子供達が大人になっても、ハンバーガーといえば、マクドナルドとなれば、安いものである。

その為に匂いを大脳に覚えさせているわけです。

牛丼の吉野家もこれに近いものがあります。

 

■自社の勝ちパターン

新規開拓を展開する時に、自社の勝ちパターンを狙うべき顧客層に武器としてアタックしていますか?

勝ちパターンは【My First ○○○】展開が重要となります。

ある会社はある業界専門に広告関連のPOPや花環を受注・制作・販売しています。

この会社のMy First 展開は3〜6店で店舗展開している業者に的を絞っています。

何故なら、この規模の顧客が一番、提案がしやすく、手離れがよく、利益を稼げる事を知っているからです。

狙うべき新規ターゲット先こそが、成功の近道になります。

 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションセミナーダイジェストプレイングマネージャーをつくる研修講演・セミナー出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.