健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション 企業の実例公開セミナー プレイングマネージャーをつくる研修 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2015年12月21日 比較法という考え

バランスよく三つの視点から…

数字を通して良い悪いの判断をする為には、比較する基準を持つ事が重要。

計数分析を行い、算出された数値が、何%だったかで終わらすのではなく、自社の前年対比はどうか?目標達成率はどうなのか?

また同規模・同業他社と比較してどうなのか?業種平均と比較してどうなのか?という比較検討を行わねば、自社の現状を正確に把握する事は不可能である。

比較法という考えがあり、傾向比較・競合比較・目標比較の3つの視点から判断や対策を検討する事をいう。

物事の判断や検討を行う際、単に現状の数値からだけでは正確な判断はできない。

また偏った視点からの比較も落し穴がある。バランスよく三つの視点から比較・検討を行う事が肝要である。

 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションセミナーダイジェストプレイングマネージャーをつくる研修講演・セミナー出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.