健全なる企業成長を志す中小企業の専門サイト!
当社は、中小企業専門の経営コンサルタントです。

お問い合わせ マイスター・コンサルタンツ お問い合わせ サイトマップ 会社概要
文字の大きさ      
私たちの主張 継栄イズム 中小企業に必要な経営の技術 症状別対応コンサルテーション セミナーダイジェスト プレイングマネージャーをつくる研修 講演・セミナー 出版物等 コラム 仕事の基礎力アッププログラム
 
  コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2014年10月14日 顧客のわがまま度は増すばかり


  
あるA社長から相談があると連絡を受け、お会いしました。

相談内容はA社長が加盟しているFC本部の販売・商品政策変更の説明が明日あるので、事前に調べた情報に基づいて、その方向性がよいかどうかを確認する為の相談であった。

変更内容のプランをみると、FC本部が非常に苦悩している様子が伺えた。

先ず、ベネッセの影響もあり、従来の主力販促である個人宅へのDMが押えられている。

次に、日本全国を一律のマーケットで考えている為に、神奈川県で展開するA社長からみると、魅力がない変更プランであった。

人口が900万の神奈川県と例えば、100万人を切る県では、

●人口減少・増加の違い ●所得の違い ●ターゲット数の違い

●ライバル業者数・強さの違い ●生活習慣の違い ●購買習慣の違い等

と販売・商品政策を考える基本事項が違いすぎるぐらい異なってきている。

又、そこに20世紀から21世紀への大きな変化が輪をかけて、起きている。

売上を伸ばしている企業に、共通するのは、一律対応ではなく、個別対応を深く掘り下げている。

この深く掘り下げる基準となる要素(上記の●人口減少・増加の違いetc)を早急に考えないと一律対応しかできなくなる。

【顧客は王様である】この格言の真の意味は【顧客はわがままだから、顧客の要求を全部聞いたら、商売は出来ない】事にある。

21世紀は、顧客のわがまま度が飛躍的に進んでいく。

顧客が一律型の対応を望む時は、価値の低い商品を購入する時。

反面、個別対応を望む時は、価値の高い商品を購入する時である。

良い業績を出す為に必然になっているテーマである。

 
  ●コラム一覧を見る  
  ▲ページTOPに戻る  
HOME会社概要サイトマップお問合せ私たちの主張 継栄イズム中小企業に必要な経営の技術
症状別対応コンサルテーションセミナーダイジェストプレイングマネージャーをつくる研修講演・セミナー出版物等コラム仕事の基礎力アッププログラム
Copyright (C) Meister Consultants, Inc. All rights reserved.